B3 LEAGUE

NEWS

HOMETOWN

2021-22シーズン開幕に向け、さいたま市の清水市長を表敬訪問いたしました

2021-22シーズン開幕に向け、さいたま市の清水市長を表敬訪問しました 株式会社ブロンコス20は、9月16日(木)にホームタウンであるさいたま市の清水勇人市長を表敬訪問し、10月1日(金)に迎える開幕戦のご挨拶をいたしました。
清水市長からは、「東京2020オリンピック・パラリンピックでは、さいたまスーパーアリーナで実施されたバスケットボール競技が大いに盛り上がり、さいたま市出身の選手も活躍した。 さいたま市といえばバスケットボールが盛んな街というイメージが形成されるよう、引続き一緒に盛り上げていっていただきたい。」とお話をいただきました。
ヘッドコーチの泉からは「昨シーズンのさいたまブロンコスはB3リーグ最下位の結果に終わったが、最終節の駒場会場はほぼ満席となりホーム感に満ち溢れていた。今シーズンは、最下位のポジションからどこまで駆け上がれるのか、さいたま市の皆さまに楽しんでいただきたい。またオリンピックを通して、バスケットボールに興味を持った方々が増えている。さいたま市のみならず埼玉全体にレガシーを残し、バスケットボール文化を広めていく意味でも、さいたま市や他クラブの皆さまと協力していきたい。」と抱負を述べ、今後のさいたま市とさいたまブロンコスとの連携強化を図っていくことを確認し合いました。