B3 LEAGUE

NEWS

TEAM

新生・さいたまブロンコス シーズン2始動
ヘッドコーチおよび選手10名と2021-22シーズンの契約を締結

           
新規契約4選手

株式会社ブロンコス20(埼玉県さいたま市、代表取締役:福田剛紀)は、新生さいたまブロンコスのシーズン2となる2021-22シーズンの第1次メンバーとの契約を締結しましたので、お知らせいたします。
さいたまブロンコスは昨年の経営体制とチームの刷新から、2季目を迎えるにあたり、昨シーズンは選手兼アシスタントコーチとしてチームを率いた泉秀岳氏とヘッドコーチ契約締結。チームの中核となるウィル・クリークモア選手、中野広大選手、新川敬大選手、吉川治耀選手、波多智也選手、野原暉央選手の6名と継続契約を結びました。
また、新たに米国からライアン・ワトキンス選手とモガ・ラド選手の2名の外国籍選手と、国内からは岡本将大選手と長島蓮選手の合計4名と新規契約を締結し、10名の選手が揃いました。
6年スパンでクラブとチームの成長戦略を立て、経営の健全化と、地域に愛され地域に貢献できるクラブチーム作りを目指して始まった昨シーズンは、5勝35敗のリーグ最下位という成績でした。 今季はさらに足固めの年として、昨年度以上の成績を残せるよう一丸となって戦ってまいります。


            ※なお、本外国籍選手との契約締結は、日本への入国を現時点で許可・許容されたわけではございません。
     

■ヘッドコーチプロフィール

         
ヘッドコーチ
     

■選手プロフィール

        
ウィル・クリークモア、モガ・ラド

         
ライアン、長島

         
新川、中野

         
岡本、波多

         
野原、吉川