B3 LEAGUE

NEWS

HOMETOWN

B.LEAGUE島田チェアマンとB3リーグ堀井専務理事がさいたま市清水市長を表敬訪問
「さいたま市をバスケットボールで盛り上げる!」

B.LEAGUE島田チェアマンとB3リーグ堀井専務理事がさいたま市清水市長を表敬訪問

株式会社ブロンコス20は、8月7日に公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B.LEAGUE)の島田慎二チェアマンと、一般社団法人ジャパン・バスケットボールリーグ(B3リーグ)の堀井幹也専務理事とともに、7月22日に連携協定を締結したさいたま市の清水勇人市長を表敬訪問しました。

B.LEAGUE島田チェアマンからは、「過去の経験からも、チームやバスケットボールを盛り上げられたのは行政の協力があったからこそ。ぜひ、さいたま市のお力添えをいただきたい。B.LEAGUEとしても応援しています。」と心強い言葉をいただき、清水市長からは、「さいたま市は競技者人口も多く、来年のオリンピックではバスケットボールの会場になっていて、バスケットボールが盛り上がるポテンシャルがすでにある。聖地としてレガシーを残していくためにもアドバイスをいただきながら一緒に作っていきたい。」とお話をいただきました。
続けて代表取締役の池田からは、「新型コロナウイルスの中で生き抜くためだけではなく、今後さいたま市だけでなく埼玉全体にバスケットボール文化を築き、アリーナビジネスとスポーツビジネスを築いていきたい。そのためには行政とリーグのバックアップは不可欠で、一丸となって盛り上げていきたいと思っています。」と抱負を述べ、今後のさいたま市とリーグ、さいたまブロンコスの三位一体の連携強化を図っていくことを確認し合いました。